1: Ψ 2019/08/13(火) 18:37:18.72
「NHKをぶっ壊す!」「ASKAさんは、意味を知らないんじゃないか?」もちろん、よく知っていますよ。彼は、正義感の塊です。
僕の事件の時も、一見、擁護してくれていましたよね。「擁護」と、いう言葉を使ってはならないな。あの時の「不透明さ」について、声をあげてくれていました。

「『NHK』を、観たい人だけがスクランブルを解除して、視聴すればいい」それに対して、否定はありません。元「 NHK」社員です。「NHK」に対する愛情も発言されています。それらを良く知った上でも、「NHKをぶっ壊す!」は、ある種、国民を誘導する「イデオロギー」だと、感じてしまうんですよね。立花氏が、「NHK」に出演中、「NHKをぶっ壊す!」を、発言していた時、現場の「NHK社員」は、苦笑いさえ、できなかったでしょうね。コメント「どこの国の放送局かわからない」
これは「NHK」だけのことではありません。他の放送局、そして他のメジャーなメディア・・・。これは触れることのできない「闇」です。

災害、原発事故などが起こった日、我々は、一日中「NHK」を観ましたよね?片時も離れず「CM」のない「NHK」を凝視しました。
「その時だけ『スクランブル』を解除して観ればいい」それは理解できます。しかし、高齢化社会で、その「スクランブル」の解除方法がわからないお年寄りもたくさんいらっしゃる。デジタル放送になった時点で、誰が何の番組を観ているのか、全てを把握できます。
その中で「NHK」を視聴した時間だけ有料にし、それを請求するシステム(人員を含む)を構築することは、時間のかかることです。
それでも、彼の言っていることは間違いではありません。世間に、「NHK」の内情を告発したことは、大変勇気のいることであったでしょうし、その正義感は、讃えるものです。

https://www.fellows.tokyo/blog/?id=1587

続きを読む

Source: 中二病速報
ASKA「立花孝志さんは正義感の塊です 彼の言っていることは間違いではありません」

カテゴリー: 芸能

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です